トレーニング報告

デッドリフトでまたまたベストを更新!遂に大台の250kgを挙げました

こんにちは、カイです。

先週に引き続き、デッドリフトの練習ベストを大きく更新してしまいました。

今回もパワーグリップ有りですが、250kgを引いてベストを10kg更新です。

フォームについてのあれこれは前回の記事で詳しく書いたので、今回は簡単な報告だけです。

あわせて読みたい
デッドリフト240kgを挙げてベストを一気に10kg更新!フォームの変更点を動画と写真で比較してみたこんにちは、カイです。 今週の月曜日にデッドリフト240kgを挙げ、一気に練習ベストを10kg更新できました。(パワーグリップ有り...

デッドリフト250kgの動画

デッドリフトで250kg挙げた時の動画と喜びのツイートがコチラです。

安定の顔芸についてはノーコメントで(笑)

体重は74kg級のリミットまでまだかなり余裕があるし、良い感じです。

フォームについてはまだまだ改良の余地はありますが、今回はとにかく挙げれて良かったです!

パワーグリップを使用しての1レップMAXってそもそも意味があるのか問題

「パワーグリップを使用しての1レップMAXってそもそも意味があるの?」って議論はあると思います。

「パワーリフター的には素手で挙げないことには意味がないし、なんなら公式試合で挙げないことには記録にならないし意味がないだろう」って話ですね。

僕もリフターなんで、もちろん結局は試合で重量を挙げてナンボだと思ってます。

でも、練習でのパワーグリップでの1レップMAXに全く意味がないかっていうと、決してそんなことはないと思うんですよね。

パワーグリップの使用によって挙上距離や握力的に多少アドバンテージがあったとしても、その重量を引ききれるだけの脚や背中のポテンシャルはあると確認できて、それが自信になりますし。

ピーキングに入る前にやっとくと、次の試合の目標重量としてちょうど良いぐらいの重量になってくれますしね。

また、上半身の力みをなくして下半身の使い方にフォーカスできるという点でもパワーグリップ等の握力補助アイテムは有効だと考えているので、今後も定期的にパワーグリップ有りの1レップMAXはやっていくと思います。

まとめ

短いですが、デッドリフトのベスト更新の報告でした。

次の試合である大阪パワー(4/7)が近づいてきたので、最近は素手の練習も徐々に増やしていってるという状況です。

練習で最低でも235~240kg付近まで素手で引いておいて、試合では250kgを第三試技で狙えたらなぁと考えています。

皮算用にならないように、素手の練習もしっかり頑張っていきたいと思います。

それではまた!

海外サプリメントを安く購入できる「iHerb」の紹介


iHerbは海外サプリメントを安い値段で購入できる人気通販サイトです。

iHerbには独自の紹介プログラムがあり、

  1. 「紹介された人」は5%の割引
  2. 「紹介した人」は5%の報酬

※新規の顧客の場合はそれぞれ10%

をそれぞれ受けることができます。

もしこのブログが少しでも参考になれば、僕の紹介コード「GQM100」を使っていただけると嬉しいです。

iHerbについては、コチラの記事で詳しく紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

iHerbのトップページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.