筋トレ用品

NIKE ロマレオス3をパワーリフター視点でレビューします!

さて、今回はナイキのウェイトリフティングシューズ『ロマレオス3』のレビューをしていきたいと思います。

まあ結論から言ってしまうと、軽いけど安定感はあってなかなかイイ感じのリフティングシューズでした。

ちなみに僕は、ウェイトリフターやクロスフィッターではなくパワーリフターなので、当然「スクワットやベンチプレスで使えるか」という観点でレビューしていきますので、そのつもりでお読み下さい。

それでは早速みていきましょう。

ロマレオス3(現行モデル)はとにかく軽い!ロマレオス2(旧モデル)より100g以上軽量化

ロマレオス3は、ナイキが販売するウェイトリフティングシューズです。

旧モデルのロマレオス2と比べると軽量化が大胆に進められ、重量は100g以上軽くなっています。(約430g → 約300g)

また、靴ひもの上から締め付けるストラップが、ダブルストラップ(2本)からミッドフットストラップ1本のみに変更されました。

ストラップの位置が土踏まずの真上になったことで、足へのフィット感が増しています。

価格に関しては、旧モデルであるロマレオス2の方が2割ほど安い価格となっています。

ロマレオス3(現行モデル)とロマレオス2(旧モデル)の違いを表にしてみたので、参考にして下さい。

ロマレオス3(現行モデル)とロマレオス2(旧モデル)の比較

ロマレオス3
(現行モデル)
ロマレオス2
(旧モデル)
ヒール高 20mm 19mm
重さ(インソール抜き) 約300g 約430g
ストラップ 1箇所 2箇所
価格* 33,580円 26,980円

*2018/11/05時点 楽天市場より

メーカー:NIKE

モデル:ロマレオス3

ヒール高:20mm

重さ:350~400g

価格:33,580円(2018/11/05 楽天市場)

 

購入理由:パワーリフト3よりヒールの高いシューズを試してみたかった

そもそもなぜ今回新しいウェイトリフティングシューズを購入したかというと、元々持っていたアディダスのパワーリフト3よりヒールの高いシューズを試してみたいと思ったからです。

パワーリフト3はヒール高15mm、ロマレオス3はヒール高20mmなので、5mmの違いがありあます。

自分の骨格足首・股関節周りの柔軟性を考えたときに、「ヒールの高いシューズの方があってるのではないか」という結論に至ったので、それを確かめたくて購入しました。

その辺りの経緯については、こちらの記事で詳しく書いています。

あわせて読みたい
骨格の違いによって最適なスクワットのフォームはどう変わるか【考察】こんにちは、カイです。 僕は昨年からパワーリフティングという競技に取り組んでおり、BIG3のフォームについて日々研究と試行錯誤を重...

候補としてはリーボックのレガシーリフター(ヒール高19mm)と迷いましたが、結局は迷彩カラーのロマレオス3のカッコよさに惚れてコチラを選びしました

ギャングスタリストラップとのロマレオス3の迷彩セットアップが最高に気に入っています。

あわせて読みたい
ギャングスタリストラップを購入!巻き方の紹介&使用感レビューいやー遂に買ってしまいました、ギャングスタリストラップ。 前々から欲しいとは思っていたんですが、今回ケア用品やシューズを揃えるタイ...

やはりカッコいい装備を身に着けるとテンションが上がりますし、機能面も大事にしつつ、最後は見た目で決めてしまいますね僕は。

今回は「Rogue Fitness」を利用し、アメリカから個人輸入しました

さて、今回は「Rogue Fitness」利用して、個人輸入という形でシューズを購入しました。

Rogue Fitnessはアメリカでフィットネス用品を販売している大手通販サイトです。

https://www.roguefitness.com/

なぜ楽天やAmazonでも売ってるのにわざわざ個人輸入したかというと、欲しいサイズがどこを探しても売り切れていたからです。

ロマレオス3に限らず、国内だと基本的にウェイトリフティングシューズって全て在庫切れか一部のサイズしか残ってないことが多い気がします。

そんなわけで、Rogue Fitnessにて個人輸入することにしたわけですが、「どうせ送料を取られるのならこのタイミングで色々勝手しまえ」ということで、ロマレオス3の他にも、トレーニング用のショーツやソックスも一緒に購入しました。

会計はざっとこんな感じです。

買い物の総計が、約364ドル(約41000円)でした。

今回は一緒に他の商品も購入しましたが、仮に余分なものは買わずロマレオス3単体で注文した場合だと、

  • ロマレオス3 約200ドル
  • 送料 約70ドル
  • 関税 約10ドル(商品代金の5%)※

の合計で、約280ドル(約32,000円)支払うことになります。

また、関税は代引きで支払うことになるので注意しましょう。

一般的な個人輸入の場合、16,666円以下の商品については関税は発生しませんが、トレーニングシューズは商品価格が約16,666円以下であっても関税が発生するようです。

以下の記事が参考になったので紹介しておきます。

ちなみに、今回僕はサイズがないので個人輸入しましたが、結局楽天やAmazonで買っても変わらない値段になると思うので、サイズがある場合はAmazonや楽天で購入するのが楽で良いかと思います。

インソール(中敷き)はソフトとハードの2種類が付属

ロマレオス3には伝統的にソフトタイプハードタイプの2種類のインソールが付属しています。

ソフトタイプは重さ約30g軽くてやや柔らかいインソール、ハードタイプは重さ約85gやや重量感のある硬いインソールです。

実際履いてみると硬さはもちろん違いますが、特に重さに違いがあるのを感じます。

基本的には、パワーリフティング用途であれば硬くて安定感のあるハードタイプを使うのが良いと思います。

僕自身もハードタイプがしっくりきています。

サイズ感は普通ぐらい。ジャストサイズでOKでした。

サイズ感ですが、特に大きすぎたり小さすぎたりすることもなく普通ぐらいでした。

僕は大抵の靴は25cmがジャストサイズなのですが、今回も普段通り25cm(USサイズで7)を選んだら丁度良いサイズでした。

参考までにUSサイズと日本のcm表記との換算表を貼っときます。

引用元:https://xn--u9ja8mka6a0dtb4xxcr929k.net/

ロマレオス3を履いてスクワットをやってみた感想

とにかく軽い!でも底が硬いから安定感もある

ロマレオス3履いて最初に感じたのは、「とにかく軽い」です。

自分の持っているアディダスのパワーリフト3と履き比べても全然軽いですし、レガシーリフターやロマレオス2と比べるとさらに軽かったです。(知り合いから拝借しました)

一方で、底は硬い素材で出来ているので、安定感もあります。

靴底がやや滑りやすいので、ベンチプレスで足を蹴り出すタイプには人には不向きかも

ロマレオス3は靴底が硬い樹脂系の素材でできており、結構滑りやすいです。

足袋靴やレスリングシューズのようなグリップ力の強いシューズと比べると断然滑ります。

したがって、足を蹴り出すようにして踏ん張るタイプの人には向きません

また、ウェイトリフティングシューズ自体がそもそもベンチプレスで足を投げ出すタイプの人には不向きだと思います。

ちなみに僕は足を手前に引くタイプなので、現在も問題なくロマレオス3を使用しています。

あわせて読みたい
ベンチプレスでウェイトリフティングシューズを履くかどうかの判断基準こんにちは、カイです。 今日は岡山県の強豪パワーリフター・K氏のホームジムにて合同練習をしてきました。 その際に話題に上がっ...

土踏まずの内側辺りに盛り上がった箇所があり、これがフィットしないと違和感を感じるかも?

靴底の形状ですが、ロマレオス3は土踏まずの内側あたりがアーチ状に盛り上がっています

これはロマレオス2も同様です。

同じウェイトリフティングシューズでも、アディダスのパワーリフト3なんかは完全にフラットな形状なので、かなり感覚が違います。

この土踏まずの盛り上がりがフィットしてやり易いという人もいれば、逆に合わなくて使いにくいという人もいます。

できれば近くの店で試し履きさせてもらうか、知り合いが持っていれば一度履かせてもらい、購入前に感覚を確かめておいた方が良いと思います。

ロマレオス3は軽さと引き換えに耐久性は下がっていると言われるが・・・

海外のレビューなどを見ていると、一部では「軽量化された分、耐久性が下がった」と言われているようです。

具体的にはタンの部分が破れるヒールの接着部が剥がれる、といった不具合が報告されていました。

僕はまだ使用回数が少ないので壊れたりはしていませんが、確かに上記の2点は構造的に弱そうだとは感じています。

ただし、適切に使用していれば、すぐに壊れるほどモロそうには感じません。

今後使用するうちに不具合があれば報告します。

まとめ:軽いけど安定感はあってなかなかイイ感じのリフティングシューズだと思う

というわけで、今回はナイキのウェイトリフティングシューズ「ロマレオス3」のレビューでした。

個人的にはかなり気に入っていて、軽いけど安定感はあってなかなかイイ感じのリフティングシューズだと思います。(何より迷彩がカッコいい・・・)

特に、

  • スクワットのときにベタ靴でしゃがみにくさを感じている人
  • 軽量なウェイトリフティングシューズが欲しい人
  • 硬い靴底が好みの人

辺りはこのシューズを気にいるんじゃないかと思います。

耐久性がネックではありますが、まだ使用歴が短いためなんとも言えませんので、もし不具合が生じたらその時は報告させてもらいます。

それでは今回はこの辺で!

海外サプリメントを安く購入できる「iHerb」の紹介


iHerbは海外サプリメントを安い値段で購入できる人気通販サイトです。

iHerbには独自の紹介プログラムがあり、

  1. 「紹介された人」は5%の割引
  2. 「紹介した人」は5%の報酬

※新規の顧客の場合はそれぞれ10%

をそれぞれ受けることができます。

もしこのブログが少しでも参考になれば、僕の紹介コード「GQM100」を使っていただけると嬉しいです。

iHerbについては、コチラの記事で詳しく紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

iHerbのトップページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.