トレーニング報告

デッドリフトのMAXにチャレンジするも・・・

昨日の分です。
ジムで背中と肩を鍛えてきました。
デッドリフトのMAXにチャレンジしてみたところ、床引きナローで170kgでした。
昔の自分より弱いのはやはり許せないですねぇ。
精進します!

本日のトレーニング

部位:背中+肩
場所:ジム
体重:76.6kg
チンニング
8, 7, 8デッドリフト
130×6
150×3
170×1
130×6
ベントオーバーローイング
100×7
100×6+2
90×6+1
ダンベルショルダープレス
14×10
20×10
30×7
28×6+1
26×7+1アップライトロー
20×18
30×16
35×8+3
サイドレイズ
10×12+4
10×10+3
10×8+3
ベントオーバーリアレイズ
10×15+5
10×8+4
20×10+3
フロントレイズ
10×8
8×13
8×10リバースカール
20×8
20×7Wバーカール
20×21(21レップ法)プレートシュラッグ
25x20x3

レストポーズ法が凄くいい

最近は追い込むことに重きを置いているので、レストポーズ法やドロップセット法をよく使っています。
レストポーズ法とは、限界まで反復したあとに5~10秒ほど休んで、またすぐ1~3回ほど反復する方法のことです。
これにより筋肉を本当の限界近くまで追い込むことができます。
これをやると、普通の1セットでは全然筋肉を限界まで追い込めていなかったことを痛感させられます。
ただ、最初のセットからやってしまうと、疲労しすぎて次のセットで扱う重量がかなり下がってしまうので、基本的には最終セットのみ取り入れるのがいいんじゃないかと思っています。

デッドリフトは170kgまでしか上がらず

デッドリフトのMAXにチャレンジしてみましたが、170kgで結構ぎりぎりだったので、それ以上の重さに挑戦するのはやめておきました。
数年前に200kg引いたときはワイドスタンスだったし、ナロースタンスで170kgってそこまで悪くはないのかもしれない。
でもやっぱり200kgはナロースタンスで上げたいなー。
年内は厳しいかもだが、卒業までにはなんとしても上げたい!

アップライトローはワイドグリップでやってみた

ワークアウトハッカーさんの記事を読んで、さっそくアップライトロウをワイドグリップでやってみました。
んー、確かに肩関節への負担はナローグリップよりも少なそうですね。
あと多少効きやすくなった気がします。
でもやっぱり僕はアップライトローで三角筋に効かせるのが苦手なようで、他の肩の種目に比べたら刺激が入りづらいです。
やっぱりルーティーンには入らないなあアップライトロー。

サイドレイズはトップポジションで1秒ぐらい止めるのが凄く効いた

最近結構ハマっているのが、このトップポジションで1秒ほど止める方法です。
レッグエクステンションでこの方法をやるようにしてからすごく効くようになって、それから色んな種目で試しているのですが、サイドレイズもこれがスゲー効きました。
ゆっくり下ろしてネガティブで効かせるというより、一回止めちゃうぐらいの方がうまく効かせられますね。

今日のまとめ

デッドリフトは170kgが思ったよりぎりぎりでちょっと萎えたけど、これからの伸びに期待しようと思います。
レイズ系の効かせ方がだいぶ分かってきたので、肩は心配なさそうです。
次は脚トレだ。
気合入れよう。
海外サプリメントを安く購入できる「iHerb」の紹介


iHerbは海外サプリメントを安い値段で購入できる人気通販サイトです。

iHerbには独自の紹介プログラムがあり、

  1. 「紹介された人」は5%の割引
  2. 「紹介した人」は5%の報酬

※新規の顧客の場合はそれぞれ10%

をそれぞれ受けることができます。

もしこのブログが少しでも参考になれば、僕の紹介コード「GQM100」を使っていただけると嬉しいです。

iHerbについては、コチラの記事で詳しく紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

iHerbのトップページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.