トレーニング報告

ローバースクワットとハイバースクワット両方やっていきます

昨日の分です。
脚とケツだけで7種目こなしてきました。
さすがにトレーニング終わった後はフラフラになりましたが、すげーいい刺激が入れられたと思います。
もうちょっと脚が太くなればスパッと減量に切り替えられるんですが・・・
でもさすがに腹に肉が付きすぎだし、そろそろ減量しないとやばいとも感じています。
早ければ月曜日から減量を開始すると思います。

本日のトレーニング

部位:脚
場所:ジム
体重76.2kg
ローバースクワット
60×10
100×8
150×3
140×5
ハイバースクワット
120×5
100×8
レッグプレス
160×8
160×6
140×7
ダンベル・スプリットスクワット
26×10
26×10
ヒップスラスト
80×10
90×6
マシンアダクション
50lbx10
70lbx5, 50lbx5
70lbx8+2+2
レッグカール
50lbx15
70lbx7, 50lbx3
50lbx11

スクワットは記録更新

前回2回しか挙げられなかった150kgをなんとか3回を挙げて記録更新です。

今のMAXは160kgぐらいかなぁ・・・

でもローバーのフォームがだいぶ固まってきて、凄く楽に動作できるようになってきました。

今までバーがずり落ちるのがなんとなく怖くて胸をあまり張れていなかったんですが、意外と胸を張った方がずり落ちにくいことが判明。

それからはしっかり胸を張って動作できるようになり、一気によくなった感があります。

練習すればまだまだ記録伸ばせそうな気がします。

ローバーとハイバー両方行うワケは?

スクワットは通常バーを担ぐ位置によってローバースクワットとハイバースクワットに分けられます。

ローバースクワットはバーを担ぐ位置が低く、だいたい肩甲骨のあたりで担ぐスタイルです。上体の前傾が深くなるため、背中やハムストリングスなど身体の裏側の筋肉を使いやすく、高重量を挙げやすいフォームです。

一方ハイバースクワットは普通に肩の上に担ぎます。ローバーに比べると上体は前傾が浅くなるらめ、主に大腿四頭筋の力を使って上げるフォームになります。大腿四頭筋が異常に強い人でなければ、普通はローバーよりも使用重量は落ちます。

なぜ僕がスクワットのローバーとハイバー両方行っているのかというと、「大腿四頭筋の筋量」と「スクワットという種目での使用重量」のどちらも追及したいと考えているからです。

そのために現在は、使用重量を伸ばすためにローバーで高重量低回数、大腿四頭筋の筋量を増やすためにハイバーで中重量中回数というメニュー構成にしてます。

もしかしたらハイバーではなくフロントスクワットを取り入れていくかも知れませんが、今のところはそういう狙いでこの2つのスタイル両方でバックスクワットをしています。

脚トレだけで一日使ったのは久しぶり

普段は脚+肩とか脚+二頭でメニューを組むことが多いんですが、今日は脚を徹底的にやり込みたかったので、脚(とケツ)だけで7種目ガッツリこなしました。
もうすぐ増量終わってボリューム落とさないといけないかと思うと、なんか凄く勿体なく感じて、気付いたらハイボリュームなトレーニングになってました(笑)
さすがに脚の疲労感がやばくて、ジムの階段を下りるのが苦痛なレベルでした・・・
でも脚トレ終わったあとのこの「自分を追い込めた感」がたまらないんですよね。
脚トレ好きなんて本当ドエムしかいませんよ(白目)

今日のまとめ

スクワットの記録も伸びてくれたし、しっかり追い込めたしとなかなかに良い脚トレでした。
筋量は満足いくほど増やせていないものの、あまりの腹の酷さに耐えられなくなってきたので恐らくもうすぐ減量期間に入ると思います。
ケトジェニック(糖質制限)をするか迷い中ですが、方針が決まり次第ブログに書こうと思います。
明日はラグビーの試合なので、必然的に月曜日はOFFになり、次の更新はおそらく火曜日になります。
それではまた!
海外サプリメントを安く購入できる「iHerb」の紹介


iHerbは海外サプリメントを安い値段で購入できる人気通販サイトです。

iHerbには独自の紹介プログラムがあり、

  1. 「紹介された人」は5%の割引
  2. 「紹介した人」は5%の報酬

※新規の顧客の場合はそれぞれ10%

をそれぞれ受けることができます。

もしこのブログが少しでも参考になれば、僕の紹介コード「GQM100」を使っていただけると嬉しいです。

iHerbについては、コチラの記事で詳しく紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

iHerbのトップページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.