コラム

試合前は禁欲すべき?射精とテストステロンの関係

こんにちは、カイです。

今回のテーマは、男性なら皆気になる(?)「射精とテストステロンの関係」についてです。

この記事を読めば、試合前に禁欲すべきかどうかの答えも見えてくるかも・・・

という訳で、今回もExamine.comの記事を和訳したので、まずはその内容から見ていくことにしましょう。

射精はテストステロンレベルに影響を与えるか

ここから先は、

Does ejaculation affect testosterone levels?

という記事の和訳になります。

以下引用

射精はテストステロンレベルに影響を与えるか

要点

射精すると、プロラクチンは増加し、ドーパミンは一時的に減少します。

しかし、テストステロンレベルを変化させることはありません

プロラクチン(催乳ホルモン)やドーパミンはともにテストステロンと関わりが深いですが、テストステロンレベルに著しい影響を与えることはないようです。

男性が射精したとき生化学的に起こること

禁欲(引用文献では3週間)を続けると、血漿テストステロンレベルの上昇が見られます

黄体ホルモンの著しい上昇は起こらないことも分かっています。

禁欲時と非禁欲時の差は、平均して約0.5 ng/ml程度のようです。

禁欲によってテストステロンレベルの上昇は見られますが、射精すること自体は血中のテストステロンレベルに著しい影響は与えません

禁欲中のテストステロンレベルの急上昇に関してはあまり多くのエビデンスがあるわけではありませんが、今のところそれを否定するようなエビデンスもないようです。

射精すると、すぐにプロラクチンレベルが急上昇(約10-15ng/ml)します

そして、それが10-20分間続いたあと、下降し始めます。

これは射精の影響によるもので、射精を伴わずに興奮しただけでは起こりません。

このプロラクチンレベルの急上昇は、次なる性的欲求を抑えます。

心拍数、カテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン)レベル、といった様々な心臓血管系のパラメーターが、セックスやマスターベーションの最中に上昇します。

このうちのいくつかは単なる興奮状態においても見られます。

バソプレシン、卵胞刺激ホルモンといった、その他の様々な指標は、変わらないままです。

生化学的な指標は、禁欲時も非禁欲時も大きくは変わりません。

心拍数とカテコールアミン(アドレナリン)レベルにわずかな上昇は見られますが、おそらくは禁欲していた被験者が平均的により興奮していたためです。

テストステロンと射精の関わり

テストステロンは、射精とはほとんど関連していません

しかし、性欲やドーパミンに由来する性的衝動を決定づけるポジティブな因子です。

ドーパミンレベルを高めたり、ドーパミン同様の働きをする化学物質は、勃起の頻度を増やし、主観的な性的興奮を高めます。

プロラクチンには逆の作用があり、性的欲求を抑えます

実際の射精や勃起のプロセスは、骨盤や陰茎周辺の収縮と同様に、セロトニンや一酸化窒素の影響を受けます。

セロトニンの再取り込みを阻害するSSRIsのような薬やサプリメントは射精の反応を抑えるため、早漏の治療に効果があります。

ドーパミンとプロラクチンはそれぞれ反対の働きをするので、ドーパミンが上昇すると一時的にプロラクチンの上昇は抑えられます。

そのレベルはすぐに元に戻ります。射精後の幸福感はプロラクチンの影響によるものです。

射精はテストステロンレベルに影響を与えません。

引用終わり

この記事を読んで思ったこと

禁欲はテストステロンレベルを上げてくれる?!

どうやら射精したからと言って、テストステロンレベルがガクッと落ち込んだりすることはないようですね。

ただ、禁欲にはテストステロンレベルを高める効果があって、射精してしばらくすると結局ベースラインまで戻る、という仕組みのようです。

禁欲時によるテストステロンの上昇は約0.5 ng/mlということですが、元の研究論文を参考にすると、パーセンテージ換算で10%強といったところでしょうか。

これがどの程度身体に影響を与えるのかは正直よく分かりませんが、興味深い話ですね。

試合前はやはり禁欲するべきなのか・・・

テストステロンと言えば、闘争心を駆り立てるホルモンです。

禁欲によってテストステロンレベルが多少上がるのであれば、パワーの大会前なんかはやはり禁欲するべきなのかも知れませんね。

とは言え、テストステロンレベルだけが大事なわけではありませんし、「俺は射精した方がよく眠れるんだ!」という方なんかは、わざわざ禁欲せずに、試合前日までいつも通り過ごされた方が良いんじゃないかと思います。

ちなみに、過去にDNS ZONEでも同様のテーマについて取り上げられていましたが、そこでの結論は

「興奮OK、出すのはNG」

というものでした。(それは流石に無理ってもんじゃ・・・ボソッ)

 

結論はかなりぶっ飛んでいますが、この記事は終始、

試合を控えているウォリアーは、まず禁欲! そして、試合前にHな本やDVDを鑑賞し、興奮し、テストステロンをたくさん分泌させて気持ちを盛り上げて、フィールドに飛び出すべし!

みたいなテンションで話が進んでいくので、読み物として普通に面白かったです。

興味がある人は是非読んでみて下さい。

賢者モードの仕組みとかも分かって、なかなか面白かった

この記事の趣旨とはズレますが、個人的には賢者モードの仕組みとかも分かって、なかなか面白かったです。

たまには息抜きがてらこういう記事を読むのもいいですね(笑)

また気が向いたら、こういう筋トレとは直接関係ないような話題も取り上げてみようかと思います。

まとめ:恐らく試合前は禁欲した方が良いけど、それがストレスになるならやらなくてもいいのでは

というわけで、今回は「試合前に禁欲すべきか」というお話でした。

個人的には、恐らく試合前は禁欲した方が良いけど、それがストレスになるならやらなくても良いのではないかと思います。

今回はちょっとアウトロー気味な内容でしたが、気が向いたらたまにはこんな内容もまた取り上げてみようかと思います。

それでは今回はこの辺で!

海外サプリメントを安く購入できる「iHerb」の紹介


iHerbは海外サプリメントを安い値段で購入できる人気通販サイトです。

iHerbには独自の紹介プログラムがあり、

  1. 「紹介された人」は5%の割引
  2. 「紹介した人」は5%の報酬

※新規の顧客の場合はそれぞれ10%

をそれぞれ受けることができます。

もしこのブログが少しでも参考になれば、僕の紹介コード「GQM100」を使っていただけると嬉しいです。

iHerbについては、コチラの記事で詳しく紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

iHerbのトップページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.